お友達リスト

最近のトラックバック

小径車は進まない?

小径車 DAHONを買った理由はジテツウ(自転車通勤)。

休日にロードやマウンテンで何度かトライをしたので、無理ではなさそうなのでDAHONにしたよ。

だた、小径車は初なので様子がわからないね。

前回も書いたけれど、シェイクダウンは会社までの往復60km。

往路はまだ元気なので、平均20km/h程度(巡航速度は25~27km/h)。

やっぱりロードほど進まない。進まないのが災いして信号につかまってしまう。

そうはいっても予定の1時間半で到着できたよ。

事務所に行くと、仕事で捕まりそうな予感がしたので寄らずに復路についた。

たった30kmなのに疲労感があるね、これは予想以上だった。

この日は朝パンを1切れ食べただけなので、会社前についた段階で腹がへっていたんだ。

水以外無補給で走っていると、パワーが出ない。7月に入って夏天気なので暑くてたまらん。

延べ50kmを走ったところで、我慢ができずにコンビにへ駆け込む。

コンビニの中は涼しい。

涼しい、おまけに食い物まで手元にあるので外に出るのが怖いくらいほっとするんだ。

でも、気合を入れて「オッシ」と外に出る。

アヂー。

自転車に戻り、手元にある食物とつめたいジュースを口に放り込む。

10分程度の休憩が入ったので、気分も体もリフレッシュだ。

あと10km。

急ぐ必要もないので、ゆっくり帰ることにした。

あら、復路は3時間もかかっちゃった。

ちょっとゆっくり走りすぎだね。余計疲れちゃった。

折りたたみ自転車買ったぞ。

Dahon_speed_p8_matblack_2 1年半ぶりくらいの書き込みになるでしょうか?

このブログ、ずいぶんと放置していました。

さて、最近自転車熱が少し高くなり、折りたたみ自転車っていうものに手を出してしまいました。

噂によると、改造中毒、小径収集癖、などあまり人聞きのよくない病気に取り付かれる方が多いようです。

玩具(自転車)選びは選んでいるときがとても楽しいです。

選択基準は、16"以上のタイヤで、ハンドル、シートポスト、胴体がきちんと折りたためる(引っ込んだり、取り外せたり)もの、で長いところでも80cmを超えないもので、たたんだときになるべく薄くなるもの。それと1日100kmくらい走れるやつ。

折りたたみ自転車は、世の中にいっぱいあります。

大型スーパーなどにも必ずあります。

でもね、自分の選択基準を満たすやつは、スーパーでは売ってない。

まー、スーパーで売ってるやつで1日100km走れないか?っちゅうと走れないことはないけれど、何度もやりたいとは思わないだろうね。

ということで、

プロンプトン:

サイズは理想的。マッタリ走るのはよさそうな雰囲気だけど、意外と走るのよね。でも高すぎないか?

bd-1(ライズアンドミューラー):

走りのよい折りたたみ自転車の代表格。自転車やのメカニック担当のお兄ちゃんといろいろ話をしていたら、いい自転車なんだけど長く乗っていると他の自転車と比べるとボロボロになっちゃうのがたまに傷らしい。ちゃんとメンテをすればよくはなるけれど、そこそこお金はかかっちゃうとも。

ブロンプトンに戻っちゃうけれど、ブロンプトンは別の意味でお金がかかりそう。

ダホン:

ブロンプトン、bd-1に比べると、車種が豊富で値段の幅も広いよ。20"タイヤのモデルが多いのと、フレームが7:3位でパックリ横に折れる。

スーパーなんかに売っている折り畳み自転車と同じようなたたみ方だから、一見安っぽく見えることもあるよ。

ターン:

ダホンの創業者の息子?だかが、作った自転車会社だそうだ。

基本的にダホンのコピー(ライセンスは息子(ターン)がほとんどもっていっちゃったそうな)

のような車種構成。

KHS:

bd-1と同様、走りには定評があるそうだ。

オリバイク:

ブロンプトンのように小さくなるし、結構よく走る。パーツがロード用の結構よいものを使っている割に、値段がbd-1よりは若干安めだ。

で色々乗せてもらいました。

乗る前までは、フロントのギアは2枚必要だろうと思っていたが、乗ってみると1枚で十分じゃね?となった。

これでKHSとオリバイクは対処からはずしてOK。

次にブロンプトン、bd-1の走りとダホン系の走りを比べると、値段の安めなダホン系で十分。

結局ダホンでも長距離を走るなら、Speed P8 より上のクラスの車種を選んだほうがよいとお店の人に進められ、Speed P8の選択と相成った。

色はマットブラックにイエローラインのやつ。結構精悍な配色だ。

これからは、この自転車もいっぱい乗らねばね。

シェイクダウン(初乗り)は60kmだったよ。

これは、次回の投稿にしよう。

ディズニーシー・ハロウィーン

1349085374847.jpg
10月1日 ディズニーシーにやってきました。
それにしてもブログ更新は久しぶりです。
子供の運動会の振替休日に合わせてお休みを取りました。
都民の日なので多少の混雑は予想していましたが、多少ではありませんでした。
朝一ダッシュでトイストーリーマニアのファストパスをget。
幸先よろしい。
これ以外はショー中心というかショーだけ。
とりあえず全部最前列をキープでした。
でも今日は真夏のように暑い。
それだけで体力消耗だよ。
で夕刻になりトイストーリーマニアへ。
きれすっごい楽しい。

1349085386317.jpg

今はファンタずミック待ち。
気温が急に冷えてきました。
もう少しシーにいます。

自転車 少しは早くなっているのだろうか?

昨日、今日と50km/日 で走ってみたが、思ったように足が回らない。
冬に入り、走る距離が短くなったせいか、運動不足&筋力低下は否めない。

半世紀以上生きていると、筋力低下が早い。

向かい風で足の回りがみるみる落ちる。

ギアを落とすのは容易いが、膝が痛くならない程度に高めのギアにして、
回転を維持しようと頑張る。
夏ごろまでには、少しは筋力UPをしておきたい。

ケイデンスを上げるのも良いんだけれど、ギアが軽すぎても前に進まないし。

それにしても、先日シェイクダウンしたクロモリ君の扱いが上手くいってない。
解決したのは、
 ペダルのトークリップ&ベルトの締め具合。ゆるくもなく、
 足を抜くのも引っかからないように調整。

 Wレバーのフロントギアをとリアギアを右手だけで操作。
 フロントのシフトがスパッと決まるので、同時に前後の操作が出来る。
 フロントギアだけで言えば、STIはイランかも。

後は全般的に乗れていないようだ。

ロードで初 手賀沼

手賀沼サイクリングロードまでひとっ走り。

自宅からエッチラオッチラと強い迎え風の中、一山超えて到着。
強い迎え風の上り坂は、勾配がきつくなくても前に進みません。
手賀沼に着くころには少しへバリ気味です。

さて手賀沼に到着すると、松戸方面から柏方面にものすごい風が吹いています。
とりあえず手賀沼CRの松戸側始発点までいくことにしました。
ひたすら強い向かい風の中、走ります。
いつもなら、元気なローディ君などが自分を抜いていくのですが、誰も抜いていく人がいません。
途中、追い風に乗ったローディ軍団が向かってきます。
みな笑顔です。
思った以上に快調に走ってるんでしょうね。
後で泣きを見るぜと、心で思っていました。

やっとこさ始発点に到着。
水分を補給して再出発。

こんどは追い風です。

ビュンビュン飛ばして走ります。

途中風上に向かうローディが2-3台ありましたが、つらそうな顔をしてました。

手賀沼到着地点まではあっという間に到着。

先ほど追い風でビュンビュンと走っていたローディたちが折り返していくようです。

帰りは辛いぞーと心の中で声をかけていました。

ここで手賀沼を後にして、自宅へ向かいます。

帰り道は追い風かと思っていたら、風向きが変わってまた向かい風。

嗚呼ー しんどい。

クロモリロードの2日目が終了です。

当初、ノーマルクランクに12-25Tだと、上り坂が辛いかもしれないと少し心配しましたが、

全く問題がありませんでした。

クロモリの自転車

しばらくぶりの書き込みです。

昨年の春ころから、健康のためにと思い自転車に乗るようになりました。
古いマウンテンバイクにスリックタイヤを履かせて乗っています。

国道やサイクリングロードを走っていると、ロードバイクに遭遇します。
ロードバイクはすいすいと走っているように見えて、とても羨ましく感じております。

ということで、夏くらいにはロードも良いな、だけど多少ペースを上げればロードに置いてかれることはないから、まだ良いや。
秋ごろからは、やっぱロード欲しい。
冬にはいって、何にしようかな?
になりました。

初めのころはアルミフレームやアルミのカーボンバック(フレームの後ろ側パイプがカーボン)で始めるのが良さそうと思っていました。
カーボンフレームを選択肢に入れると、予算オーバーになるのは確実なので、初めから除外しました。

色々見ていると、チネリ、デローザ、コルナゴなどのクロモリフレーム(鉄製の細いパイプのやつ)が「カッコイー」じゃん、と思えてきました。
雑誌などを見ると、旧式で戦闘能力はないとの説明が多く、酷いライターなどは過去の遺物みたいな言い方をしています。
でも、自分は今のところレースに出るつもりはありません。
機材を使ったレースというものは、機材に多少投資しないと競争にならないことが多いので、レースに出たくなったらお金を貯めてカーボンの自転車を買うでしょう。

という訳でクロモリフレームを探すことにしました。
しばらく前に決まり、先週やっと納車になりました。
本当はお店から乗って帰ってこようと思っていたのですが、雪が降ってしまったので、諦めました。
でも、待ちきれないので車で取りにいっちゃいました。

今日やっとシェイクダウン走行をしました。
シフターはWレバーになっていますので(クロモリにはWレバーでしょ)、最初はシフターレバーを探すため、右手が宙を泳いでいました。
でも大昔(中学くらい)の感覚(昔はWレバーしかなかったもんね)が蘇り、レバー操作はスムースになりました。
体の記憶ってすごいですねー。

あとはいきなり立ちゴケ。
ペダルは当然フラットペダルにトークリップ&ベルト。(クロモリにはフラットペダルでしょ)
最初はペダルのベルトをユルユルにしていたのですが、走りずらいので途中で少しきつめに調整しました。
信号待ちで、足が抜けません。
結果、いきなりの立ちゴケ。
かっこわりー。
通りすがりの おばちゃんに見られた。「あ、コケた」だと。
シェイクダウン当初なので、体で自転車をかばいました。
車体に傷は付きませんでしたが、恥ずかしくて心が傷ついたかも。

シェイクダウンは約30km。
少し特徴などがわかってきました。

それにしても、冬の自転車は寒い。

自転車で都内往復(60km一気乗り)

最近血圧が上昇気味です。
メタボとストレスが原因です。
ストレスの方がより悪さをしているみたいです(医者談)
両方を退治するために自転車を乗り始めました。
走ってる時は結構ストレスの解消になりますし、有酸素運動なので脂肪の燃焼にも良いです。
毎週土日は30kmを1.5時間弱で走っていました。
MTBなので、あまり軽快には走れていないみたいです。

そろそろ自転車通勤の下調べでもしようと思い、銀座まで試走をしてみました。
片道30kmでした。
途中道を間違えたり、ゆっくり目で走りましたが予定通り1.5時間で到着。

途中やたらと自分の後ろにへばりつくロードがいました。
気になるので先に行かそうとしましたが、行かないのでペースを上げてみました。
こんどはむきになって追い越しをかけてきましたので、すっとペースを落として彼の独走を後ろから眺めていました。
信号で追いついたら肩がずいぶんと揺れています。
40歳代中ごろのおじさんが目を三角にして振り返っていました。
信号が青に変わり、彼はダンシング(立ちこぎ)を目いっぱいしながら加速をしていきます。
「お達者で」と見送り。
ところが銀座の近くまで来たらまた彼の前に出てしまいました。
彼はまたモウダッシュ。
またまた「お達者で」。

自分はそろそろ会社へ到着です。

事務所に顔を出し、水を補給してすぐにリターン。
休息は取りません。(事務所に居ると仕事が入ってきそうなので退散です)

帰り道は、信号待ちが多くなかなか前に進みません。
40kmから45kmの区間が少しへバリ気味。

会社で休憩を取れば良かったなーと若干後悔しながらも、こぎ続けます。

残りの15kmはいつもの走行コースになり、なんとなく安心して走ることができました。

今日は初めての30km往復だったので、
あと1から2回会社まで走ってみないと、自転車通勤が可能かどうかわからないですね。

やっと地デジ

地上アナログ波打ち切りまで1週間を切りました。

テレビはあまり見ないのでアナログでも不便はありませんでしたが、テレビが映らなくなるとそれはそれで困るので、地デジ対策をしました。

テレビ本体とテレビレコーダー関連はすでに地デジ対応をしていましたので、アンテナだけ取り替えました。
しばらく有線系で地デジ対策も考えましたが、要らない機能(番組)が多く割高なのでシンプルにアンテナだけにしておきました。

BikeMateLite

BikeMateLite
iPhoneアプリです。

自転車のサイクルコンピュータです。

今日のデータ
走行距離 : 31km
時間    : 1時間36分
最高速度 : 43km/h
平均速度 : 19km/h
走行ルート: 地図上に走ったところに色が付きました。

結構役立つ情報が取れました。
無料でこの情報が取れるのは、お得です。

でも今日は暑かった。
こんなに暑いと体には良くなさそうだと思う。

心臓が苦しくなりそうだったら(今まで経験ありませんが)、
心拍計付きのサイクルコンピュータ化腕時計を買ったほうが
良さそうですね。

自転車は体に良い

最近自転車に乗るようになりました。
昨年、病院でお世話になった時はお腹周りが少しすっきりしました。
が、その後お腹周りがすごいことになってしまいました。
定期健診の時には目も当てられない数値に。

いきなりきつい運動をすると死んじゃうので、最初は何にするか少し悩みました。
そんな時、自転車で痩せられるという記事を発見。
自宅にあるMTBが使えそうだと思いました。
その週の週末に、部屋から引っ張り出してメンテをします。
かなり綺麗になりました。

早速試乗。
10km程度走ってみました。
めちゃくちゃしんどい。
おまけにフロントディレイラーの調子がよろしくない。

翌週、フロントディレイラーのワイヤーを交換。
でも調子が悪い。
フロントのシフターのネジを少しひねって見たら、パッチンという音とともに、ディレイラーの動作が正常に戻りました。
グリスが固着していたみたい。
潤滑剤を沢山流し、古くなったグリスを溶かします。
しばらくは様子見です。グリスアップしておかなければ。

その後、タイヤをロード向けのタイヤに交換します。
リムに入る一番細いやつにしました。
自転車屋さんは、トリッキーなバイクになりますよと言っていましたが、全くそんなことは無く快調です。
とりあえずロードバイクについていくことが出来るようになりました。(追いかけるのは結構気合がいりますが)

今は土曜日、日曜日は20km/日から30km/日程度走るようにしています。
ただ走るだけだと体重減らないので、軽めのギアでクルクル・クルクルと90回転/分程度を目安にクルクルしています。ケイデンスっていうのかしら?

1ヶ月で4kg程度落ちました。

ロードバイク買って、自転車通勤でもしようかなと思ったら、ロードバイクって高いんですね。
20万円で入門用っていわれました。
いつまで続くかまだ判らない割りに出費も大きくなりそうなので、しばらくはMTBで我慢しようと思います。

あと10kgほど落としたい。

«メカトロニクス交換

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31