お友達リスト

最近のトラックバック

« 売り物としての企業 | トップページ | USBメモリ・デフレ »

千葉県立現代産業科学館

千葉県立現代産業科学館に行ってきました。

総武線本八幡と下総中山の丁度中間にあります。

両駅とも他県の方は読みを間違えているのをよく聞きますので

本八幡->モトヤワタ 

(ホンヤワタ ではありません)

下総中山->シモウサナカヤマ 

(シモソウナカヤマ これはいけませんね)

目印はショッピングセンターのコルトンプラザです。

コルトンプラザの隣にありますが、目立たないので存在を知らない人が多いかもしれません。といっても敷地は結構広いです。

中の様子は千葉県立現代産業科学館 のホームページを見てもらうとして、今日は5つの教室を体験しました。

1つめ、空気の科学

これは最後の2-3分しか見れませんでした。

空気の大砲で煙の輪が飛んでいくのだけ見れました。

2つめ、超低温体験

空気が凍る、炭酸ガスが凍るまでは良かったのですが、窒素が凍るのは始めてみました。

その後超伝導の実験など大人でも「へー」と唸るもの多発です。

3つめ、磁力と熱と動力の実験

磁石は熱すると磁力がなくなるよ。

それを応用するとあるエンジンとして動くよ。

空気を勢いよく圧縮すると火がつくよ。

など大人でも知らないことを実験で見せてくれます。

4つめ、雷実験

人口雷発生装置(本当の名前は覚えていないです)で雷実験。

送電線に雷が落ちても電気が切れない仕組みなども教えてくれます。

ものすごい大きな音がします。

大きな音に弱い人と、妊婦さんは入れません。

5つめ、人形劇。

これは有名な科学者の代表的な発明をしたときの逸話などを劇にしたものです。

子供達にとってはわかりやすくてよいですね。

その他にも色々見てまわりましたが、面白いものが多いです。

国立科学博物館などに比べると規模は小さいですが、楽しさはこちらの方が上かもしれません。

航空博物館などもこれくらいやってくれるともっと楽しいのになーと思ってしまいました。

« 売り物としての企業 | トップページ | USBメモリ・デフレ »

コメント

やはり博物館は面白いですよね!今回は科学館
だったようですが、私もこういった施設は大好
きです。大人になっても十二分に面白いです
からね!

あっ、そういえば上の地名の漢字、私は
読めましたよ(^^って横須賀線(総武線快速)
を利用していれば、それに近い名前が出て
くるので当たり前ですね(^^;

こんばんは。
中山と言えば・・・,中山競馬場です(笑)(近く・・・ですよね?)
2回行ったことがあります(^^;;

人工雷・・・,私は絶対NGですねぇ(笑)

taka(^^)さん
科学館は面白いです。
子供のためにもなりますが、実験教室は大人が楽しんでます。
駅名読めましたよね、関東の人は。
でも総武線の中で「ホンヤワタ」ってよく聞きます。
「シモソウ」と呼ばず「なんとかナカヤマ」という人もいますね。それも都内で勤めてる人。
なんだかなー って感じます。

しんさん
下総中山=>中山競馬場
当りです。
実は私、馬券を買ったことありません。
なので中山競馬場には入ったことないんです。
乗馬はしたことあるので、馬は好きなんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527622/10370506

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県立現代産業科学館:

« 売り物としての企業 | トップページ | USBメモリ・デフレ »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31