お友達リスト

最近のトラックバック

« 何処でも自分のPCは近いか? | トップページ | 売り物としての企業 »

古いめがねも役に立つ

最近細かい文字をいっぱい読めねばならない。

どれくらい細かいかっていうと、成田とかで海外旅行保険に入ったとき渡される契約書の文字を想像してみて欲しい。

読むだけで頭が痛くなる!

自分のメガネは極普通の書物の文字と野球場の外野席からボールが見える程度出の物。

30歳台までは目筋が元気だったのでメチャ小さいものでも調整が利いた。

もう直ぐ半世紀を生きる親父は目筋衰えてオートフォーカス・エラーが出てしまう。

机の上に昔使ってためがねが置いてあった。

昔はもう少し度が弱かったことを思い出し、ちょっとそのメガネをかけてみた。

最初は若干の違和感があったけれど、直ぐに慣れた。

マイクロ文字の文書を見てみたら、なんとなく読みやすい。

明日からこのメガネも持って歩こうと思う。

青いメガネは自分のトレードマーク。

もう10年青いめがねだ。

« 何処でも自分のPCは近いか? | トップページ | 売り物としての企業 »

コメント

メガネってなんだか大切にしてしまいますよね!いくら壊れても、いくら新しいものにしても私も古いめがねはなんだかずっととってあります。そして子毎回字、度が弱い方が目もFocusをあわせやすいのでしょうか・・・。確かに、度が強いと目が凄く頑張っているような気がします。
最近の自分の中のお気に入りは、Lensに少し青色を入れることでしょうか。これで、目の負担もかなり軽減されているようで、目の疲れもかなり減りました(^^

taka(^^)さん
おはようございます。
今日も早くからコメント、お仕事大変そうですね。
私も昔使っていたものは捨てられません。
コンタクトレンズは間違えて使わないように捨てちゃいます。もっとも今は使ってませんけれど。
遠近両用メガネって、凹レンズと凸レンズのハイブリッドってイメージ強いですが、強近視の場合、屈折率の違うレンズのハイブリッドです。
以前旅行用に作っためがねは、上部が観劇など向け、下部が資料読みようと言うのを作りました。
慣れないと歩くの怖いですが、すごく便利でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527622/10318294

この記事へのトラックバック一覧です: 古いめがねも役に立つ:

« 何処でも自分のPCは近いか? | トップページ | 売り物としての企業 »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31