お友達リスト

最近のトラックバック

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

息子が交通事故に

今週の月曜日、息子が交通事故にあいました。

丁度この日は、自分の体の精密検査(最近調子が悪かったので)をしている最中に、同じ病院へ救急車で運ばれてきました。

自分も検査のための点滴をしている最中に病院の人に連絡をもらったので、点滴を担いで救急医療センターというところへ飛んでいきました。

最初見た時は、「生きている、血は流していない、意識はあるが少し朦朧としている、痛いところをしきりに教えてくれる、顔にアザができている」が確認できました。

頭部強打ということなので安心はできませんでしたが、検査を待つしかないので後は上さんへ付き添いをお願いし、自分は検査室へ戻りました。

事故は、見通しの悪い細い路地で、息子が車が来ないかなと確かめるように顔を出したら、顔から車にぶつかったようです。

車が植木ぎりぎりをこするように走っていたようです。

顔はアザが大きくついてしまいましたが、顔面骨折はない模様ですが、利き手の中指が複雑骨折しています。

とりあえず自宅待機状態で今週は毎日検査になります。

GWは何もできそうもなくなってしまいました。

2週間ぶりの書き込みが、こんな記事になってしまいました。

ゲーム機のネット接続の是非は

昨日 Wiiウェアの記事を書きました。
ねかさんのコメントを見て、ちょっと考えるものがありました。
ゲーム機のソフトをネットで購入できることって、子供の教育上良いのだろうか?です。
プリペイド型支払い形式だから、親がちゃんと管理していれば問題ないと売る側は言うでしょう。
建前はそうだけれど、100%管理なんかできません。
特に仮想空間での買い物、ソフトウェアにはコード化されたデータが物としてありますが、現実世界から見ればバーチャルな物です。
見えないものを子供が買う時の注意などなかなか教えきれません。
自分が思うには、子供向けのソフトはネット販売を考え直して欲しいと思います。

wiiウェア

Wiiware

Wiiウェアってご存知ですか?

最近TVで宣伝しているあれです。

Wiiのソフトをインターネットからダウンロードして利用するものです。

購入時の支払いはWiiポイントだけです。

Wiiポイントは「Wiiの画面上からインターネット経由でクレジット決済」、「Wiiポイントカードの購入」、「コンビニでWiiポイントチケットの購入」の3種類があります。

クレジットカードやコンビにでの購入はお手軽なのですが、子供達にお手軽に見えないようにするために、ワザワザ、ゲーム機販売店に出向きWiiポイントカードを購入しました。

車でヤマダデンキに向かいます。

特に意図は無かったのですが、ポイントサービスで結果無料でWiiポイントカードをGET。

Wiiにインターネット接続の必要性を感じず未設定でしたので早速Wiiのインターネット接続をします。

Wiiポイントカードの裏面のスクラッチを削り、番号を見れるようにします。

Wiiショッピングの画面にてWiiポイントの登録をします。

早速、Wiiウェアのソフト購入。

あまりにも簡単にできちゃいます。

子供にはお手軽にソフトをダウンロードできないように、Wiiポイントは必要以上にチャージをしておくのは控えないといけないなと思いました。

丸坊主

丸坊主。

またまた釣りの話です。

先週防波堤デビューをしましたが、一匹も釣れていません。

子供達も早く一匹釣れるまで毎週釣りに行くということで、稲毛海岸へ行ってまいりました。

会社では「潮汐を見ておかないと釣れないよ」と教えてもらったので、インターネットで潮汐を調べておきました。

また、前日は錘とはりを購入です。

前回根がかりで紛失しているので予備を含めて購入。

前回、周りの人がつけていたminiジェットテンビンというものを購入しました。

さて、当日稲毛海岸に到着しました。

稲毛海岸にはヨットハーバーがあるのでそこの駐車場に車を停めます。

この辺の道路は駐車違反の取締りが厳しいので、気をつけてくださいね。

なぜにヨットハーバーの駐車場かというと、ヨットハーバーには綺麗なトイレがあるからです。

ここを基点にして、釣り場を探します。

ヨットが出入りする近辺は釣り禁止だそうです。(当たり前ですね)

防波堤には釣り竿がいっぱい立っています。

自分たちもそちらで釣ることにします。

自分たちの釣る場所を探している間、他の人の釣果をパッと見ましたが誰も釣っていないみたい。

そうこうしているうちに防波堤の真ん中あたりにスペースを見つけ、つりの準備です。

最近の仕掛けはいろいろと金具がついて、便利なんですね。

自分が子供のころは、針に糸を結ぶのも自分でした。

仕掛けをセットし、ミミズ君(青イソメ)を針につけます。

稲毛海岸に向かう途中で購入した青イソメは元気バリバリです。

青イソメ君を掴むのはまだ慣れません。正直気持ち悪い。

でも、子供達がいる手前、そんなことも言ってられず持ちます。

早速釣り開始です。

1時間程度してから、みんなは何が釣れてるのか?と視察に行くと、おじさんが大きいのがつれてるよと見せてくれたのが、エイでした。

今日はこいつしか釣れてない。

周りの人も一匹も魚は釣れてないよと教えてくれました。

今年はまだ水温が低くてダメだなー。

去年の今頃はいわしだって100匹くらい釣れてたのにとぼやいてました。

ということで、そのあと程なくして退散して来ました。

少しづつ、リールの使い方などが判ってきました。

知識としていろいろ知っていても、現場で出てこなければダメですね。

これは仕事も一緒かな。

金沢は遠かった。

昨日は金沢出張でした。
天気予報で、強風、大雨と聞いていたので、フライトスケジュールの乱れは多少予定していました。
朝、自宅を出て駅までの間はカッパを着ないとダメなくらい雨風が強かったです。
電車の方は、とりあえず乱れも無く予定通りに羽田空港に到着。
早速チェックインを済ませラウンジで一休みです。
4人座れるところが空いていたので、そこで一休みしていると、真正面にむさ苦しい爺が着席。
真正面に居られては落ち着かないので(ガサゴソとちょっとうるさい)、コーヒーをお代わりするタイミングで自分が移動。
出発時間が近づいたので出発ゲートへ行きます。
搭乗開始はほぼ定刻とおりです。
さて、ここからが長かった。
全員登場が終わり、ドアが閉まります。
シートベルト着用指示が出ます。20分程そのまま。
機長からのアナウンスで、離陸許可がもらえないしばらく待って欲しい、離陸するまでしばらく時間がかかるので、携帯電話使用の許可を出しますとのこと。
さらに数10分後、やっと飛行機はゲートを離れます。
機長より、離陸許可は未だに何時もらえるか不明とアナウンスあり。
さらに数10分後、離陸許可が出たけれども、順番待ちなので1時間程度待つ見込みと。
乗客はリクライニングも出来ず、席も離れられず辛い状態。
3時間くらい遅れてやっと離陸でした。
小松空港につくと、空港バスは飛行機の到着を待っていました。
約1時間バスに揺られ、やっとのこと金沢駅。
御飯を食べる暇も無く、打ち合わせです。
会議が終わり、直ぐに小松空港へとんぼ返りです。
帰りの便は、1便が欠航し、その次の便の出発も危うい状況。
15時30分出発予定の便が、まだ出発していなく、もうすぐ出発できるということで、その便変更。
なんとか羽田に到着。

羽田空港って、やっぱ何とかしないといけないのね。

坊主

土曜日、日曜日共坊主でした。
防波堤で釣りをしたのは、自分も含めて子供もはじめてでした。
土曜日は市原海釣り公園(施設)です。
養老川の河口まで行きましたので、ちょっと遠かったです。
10時が干潮のようなので8時までにはと思って行きました。
海釣り公園に到着し車を停めます。
駐車場が無料なのはありがたいです。

釣り場へは管理棟の中から行きます。
2階に上り、受付で入場料を払います。
自分は子供の手伝いだから釣らないので、見学料220円です。
小学生は無料(大人の付き添いが必要)です。
子供は無条件で救命胴衣を着用します。
これは無料レンタル、流石、管理釣り施設です。

受付から釣り場へ桟橋のような橋を渡り、釣り場へ到着です。
足場は網状になっているので、小さなものを落とすと、そのまま海へ落ちちゃいます。
お花見用のシートを広げ、自分達の場所を確保します。(荷物を置くだけですが)

初の釣りは、サビキ釣りです。
餌はオキアミが一般的らしいですが、釣り道具屋で「サビキ君」というものを売っていましたのでそれを使います。
三角形の袋に入っていて、先を少し切って、餌をギュッとだします。
パッと見はネギトロのような雰囲気です。

竿の準備に入ります。
竿のラインガイドに糸を通し、仕掛けを付けます。
前日インターネットとか本を見ておきましたが、現場で出来るか心配でした。
でも、以外に簡単に出来ちゃいました。
子供のころ糸を結んだ記憶が呼び戻され、「んんー、こうやるんだよねー」とつぶやきながら子供に教えちゃいました。

早速、サビキ仕掛けの子袋に餌を詰めます。
「サビキ君」だと楽です。

早速つりの開始。
干潮時間を過ぎ、お昼まで粘れども魚は釣れず。
「魚が泳いでないねー」とお昼休み。
売店までカップヌードルを買いに行きます。

売店のオバチャンが他の客に「今はサビキ向きの魚が来ていないよ、餌釣りにしなさい」と仰っておりました。
早速、カップヌードルとミミズ(青イソメ」を購入)

お昼が済んだら、仕掛けを取り替えます。
仕掛けの袋の裏を見て、糸を結びます。
ミミズはしばらく触ったことが無いので少し気色悪い。
とりあえず掴み、頭の方に針を引っ掛けます。

釣れません。
夕方まで粘りました。
ひきはありますが、釣れません。
まあ、周りを見ても1匹釣れたところが2人くらいでした。
甘くはないね。

夜は、しょうがないのでお鮨となりました。

日曜日はリベンジで、稲毛海岸の堤防へ。
竿の使い方がへんてこりんなのが周りの人にわかったらしく、いろいろ教えてもらいました。
子供も手取り足取り教えてもらったおかげで、一人で竿を振ることが出来るようになりました。
ところでお魚の方ですが、ひきはあっても吊り上げられませんでした。
自分は、スズキらしきものがかかっていたようですが、最後に糸を切られてしまいました。
周りの人は、「大きなスズキだったね、惜しかったね」と言ってくれたので、スズキと判りました。
でも釣れませんでした。
残念。

ザ・クラス 2008

昨日、JCB THE CLASSの2008年度 メンバーベネフィットの案内が届きました。
今年もあれがあるので、楽しみです。
サービス内容は昨年とあまり変わりませんが、ホテルコースは数年前に比べるとずいぶんと節約されてしまった感があります。
今年の利用するコースは昨日すぐに決まりました。
JCB THE CLASSは良いサービスを提供してくれます。

ところでアメックス・プラチナですが、期の途中でしたがグリーンにしました。
先日のグリーン到着はそのおかげです。

最近各カード会社のデスクは、他の会社のデスクを担当していた人が移ってきているようです。対応の良くなかった方は妙に覚えているもんですね。
デスクをアウトソーシングしているところは、人が被るのはしょうがないですけれど。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31