お友達リスト

最近のトラックバック

« 入院中の様子 | トップページ | 三菱アウトランダーとスバル・フォレスター »

病院の様子2

先日は病院の様子と書きながら、殆ど様子を書いていませんでした。

入院したのは聖路加国際病院でした。
10数年前までは風邪でも見てくれた病院でしたが、最近は風邪なら別の診療所に行くことを薦められます。見てくれないわけではありませんが、初診料はビックリするくらい高くつきます。
主に重病人を優先して診療をするということですが、お金持ちもウェルカムみたいです。
この病院の隣には聖路加看護大学があります。

こんな病人に私は搬送されました。
病室の様子は、以前知人が入院した時に来たことがあり、なんとなく知っていましたが、自分が入院すると風景が違っていました。
この建物は、三角形の建物が2棟あわせられたような構造で、東と西に分かれています。
私は西棟にいました。
建物の外周が病棟で、30部屋くらいありました。(数は数えていないので、もう少し少ないかも)
中心部分はナースステーションとDr.用のエリアがあるようでした。
私が居たフロアは全室個室になります。
当然差額ベッド。都内の一流ホテルの宿泊代と遜色がありません。
差額ベッド代は治療費などは全く関係ありませんので、ホテルに泊まったほうが絶対快適です。
次にこの個室ですが、シングルベッド1台が入ります。
ベッドの横には一人用の立派な椅子とオットマンが置いてあります。
反対側にはホテルにおいてあるのと同じくらいの大きさの冷蔵庫、DVDプレーヤー、小物置き場があります。
TVは天井吊り下げ式の液晶TV。24インチ程度の大きさだと思います。
ベッドに寝たままでも、ベッドを起こしても見やすくなっています。
また、部屋の中央横当たりにはバスルームがあり、点滴をしたままでも看護婦さんを呼べば、点滴の針のところにラップを巻いてくれてシャワーを浴びることが出来ます。
シャワールームのタオルは毎日取り替えてくれました。
部屋の入り口には、ちょっとしたクローゼットがあります。
その横には聖書(日本語と英語)がちゃんと置いてありました。
さて、お楽しみの看護婦さんの方ですが、
昼と夜の2交代だそうです。
多分、隣の聖路加看護大学から実習がてら来ている方が多いのでしょう。
ほとんどの人がピカピカの若い看護婦さんで毎日入れ替わりました。
入院初日は、私の血管が萎縮していて針がとっても入りにくく、何度か失敗をしてしまいました。痛いけれどそこは我慢。
結局Dr.を呼んできてくれました。
あの女医さんです。
さすが針の差しかたが上手。
看護婦さんの中には、美人さんがいます。
清楚な感じの美人看護婦さんがナースセンターにいて、いいなーと思っていたら私の部屋にも来てくれました。少し脈が高くなったかもしれません。
食事は看護婦さんじゃない担当の女性の方が運んでくれます。
入院中は3回食事が出ましたが、全て100%重湯と具なし味噌汁。
ありがたくお米の汁の味を官能しました。
おかげで退院後もお粥からの食事になってしまいました。
とこんな様子でした。
2週間の入院予定でしたが、あまりにも退屈なので1週間の入院で切り上げさせてもらうことにしました。
女医さんと看護婦さん達にあえなくなるのが少しさびしかったりもしました。
今日はここまで。

« 入院中の様子 | トップページ | 三菱アウトランダーとスバル・フォレスター »

コメント

最近の病院は色々な設備がついているとは聞いておりますが、
個室は凄いですね!
実は私の祖母が入院している時には個室ではなかったので
なんだかごちゃごちゃしておりましたが、Hotelと一緒の感覚
でしょうか・・・。
でもやはりどうせ泊まるなら、病気もなしにHotelの方が
いいですよね!
女医さんと看護婦さんはおりませんが(^^;

TAKA(^^)さん

聖路加国際病院はホテルのような病室と街の評判です。
入院してみるとホテルとはかけ離れていますね。
まあ、まわりの病室は歩行も困難な方がほとんどなので、個室は精神上助かりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527622/36824044

この記事へのトラックバック一覧です: 病院の様子2:

« 入院中の様子 | トップページ | 三菱アウトランダーとスバル・フォレスター »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31