お友達リスト

最近のトラックバック

« 吐血 | トップページ | 病院の様子2 »

入院中の様子

救急車で運ばれた当日のことで、書き忘れたのがありました。
私の担当医が挨拶に来てくれました。
3名体制だそうですが、一人一人別々に来ました。
最後に来たのが、女医さん。
なかなかの美人。
このひとが自分のメイン担当のようです。
多少気が安らぎました。

救急車で運ばれた翌日、
午前中に再度、内視鏡の検査をしました。
点滴の管など体についていたため、車椅子で移動します。
そういえば、昨日はベッドに寝たまま病院内の何箇所かを移動していましたね。
ベッドの乗り心地は、あまり振動も無く良好でした。

車椅子で内視鏡検査室に向かいますが、介助してくれたのはどこか別の病院のDr.らしかった。
内視鏡検査室に到着したら、聖路加のDr.が介助してくれたDr.と病院の連携についてお話をしていました。
数分したら検査室に呼ばれます。
診察台に横になったら、私の担当の女医さんが、チョンチョンと肩を突付いてニコッと挨拶してくれました。
ここでも心が安らぎます。

さて内視鏡を入れる準備にかかります。
スプレーのような液体を口に吹きかけます。
数分たった後、ゼリー状の麻酔薬を口の中で転がします。
これが不味かった。
しばらくして、口の中のものを全部飲んでくださいと言われて飲みましたが、更に不味い。
次に看護婦さんがマウスピース口にくわえさせてくれます。

内視鏡担当のDr.が「それでは始めます」と言った後、麻酔医が「xx入れます」と言いながら輸血用の管の方から麻酔を入れます。

内視鏡のピカピカが口に入ったところで、昨日と同様意識が消えます。

検査途中の胃袋の様子がモニタで見えるようにはなっていますが、全く覚えていません。

さて、「ハイ終わりです」とDr.の声と同時に目が覚めました。

2日連続で同じ、流石です。

この後はまた病室に帰ります。

昨日から水も飲んでいないので、口がガビガビです。

水は飲んではいけないので、うがいだけします。

歯磨きは許してもらったので、口は結構サッパリしました。

そうこうしているうちに夕方になり、この日数度目の採血。

体のあちこちに病気の兆候がありそうだとのことで、いっぱい採血されました。

でも、手の甲からの採血は痛いね。

次の日記は聖路加の看護婦さんにしようかな。

« 吐血 | トップページ | 病院の様子2 »

コメント

退院おめでとうございます!
もう大丈夫なんですか?

若い女医さんでしたか・・・
それじゃぁすぐ治っちゃいますねsmile

父が入院していたところも看護婦さんやインターンの先生が若くて美人ぞろいで毎週お見舞いに行くのが楽しみでしたlovely

無理なさらないで大事にしてくださいね!

AMさん

無事退院出来ました。
若い女医さんのおかげですネ。
看護婦さんの中にも飛び切り綺麗な人がいました。
もう会えないかも。

私も2年足らずで、2回の救急車に7回の入院に8回の心カテですわ。(^^ゞ
間も無く入院・手術しない歴1年を迎えられます。(^^v
想定の10分の1以下のシフトダウンしていましても、
しんどいですが。(^□^; まぁ此の様な経験も含め中高年です。(^^
70代でなら、更に大変でした。

手の甲で採血。痛いですよね。(〉_〈)
私は血管が出難いので、腕で10回近く失敗ののち、
最終的に手の甲や足の甲で採血に至ります。(T_T)

オマルさん

ご無沙汰しています。
未だに私のブログをご覧になっていただいてありがたいです。

オマルさんは、入院無しが1年とのこと、良いことですね。
足の甲で採血ですか(>o<)、私は嫌です。
私は痛そうだったので拒否させてもらいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527622/36718917

この記事へのトラックバック一覧です: 入院中の様子:

« 吐血 | トップページ | 病院の様子2 »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31