お友達リスト

最近のトラックバック

« 来車 | トップページ | Audi A3SB 速度の感覚が »

Audi A3SB に少し馴れてきた

数日前にAudi A3SBが納車になりました。
納車の日はうきうき気分で、ディーラからの帰り道に 判らないことや、オヤって思ったことも初日だからと深く考えずに運転していました。
自宅の車庫入れで少し難儀をしましたが、なれが解決するはずと特に気にも留めていませんでした。

本日3日ぶりに運転。
3日がながーく感じます。

今日は子供の用事ばかりで運転しては自宅車庫に入れるというのを何度も繰り返しました。

やっぱバックがしにくいです。

原因は以下のようなことがあるのではないかと思います。

A3SBにはS-Tronicというトランスミッションが搭載されております。ワーゲンではDSGと言い機構的にはほぼ同じです。(同じ機械という方もいるようですが、そうではないみたいです)
これ、上り坂が前進も後退も癖があります。
坂道でずり落ちないようにするための機構でヒルホールドというのと組み合わさるから癖が強く出るんでしょう。
S-Tronicは機構的にはマニュアル車で、クラッチを繋いで車を走らせます。
S-Tronicには2つのクラッチがあり、これを機械が上手に使いギアを切り替えていきます。
半クラッチも上手にやりますが、停車中常に半クラッチじゃクラッチ機構が持ちませんので停車中はクラッチを切った状態になっています。
停車中はクラッチが切れた状態ですので、坂道でブレーキを離すとクラッチが繋がるまでに車が後退してしまいます。これを防止するためにヒルホールドという坂道専用でブレーキが利く仕組みがついています。

このヒルホールドが曲者です。
ヒルホールドはブレーキです。
坂道ではブレーキがかかったまま前進(または後退)して無理やりブレーキを解除するような感じで発進することになります。
ブレーキがかかっているのに発進させるということで、違和感を覚えます。
特に後退で駐車する時にヒルホールドが利いてしまうと(後退でもヒルホールドが利くのかは定かではありませんが、ブレーキがかかったような動きはします)、アクセルを踏みすぎると壁などにぶつかりそうな感じがして怖いです。
本日やっと解決方法がわかりました。
緩やかな上り坂なら、2-3秒待つと車がクリーピング(半クラ)して勝手に動いてくれます。
ブレーキを離すと2-3秒でヒルホールドが解除されます。
バックにギアを入れたら、アクセルを踏まずに「待つ」というのが解決策のようです。

« 来車 | トップページ | Audi A3SB 速度の感覚が »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/527622/38482358

この記事へのトラックバック一覧です: Audi A3SB に少し馴れてきた:

« 来車 | トップページ | Audi A3SB 速度の感覚が »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31